生命保険無料相談 無料保険見直し

生命保険の知識記事一覧

生命保険の見直し

生命保険の見直し=保険料の更新は無く、定年に払込を完了させ、葬式代の保障(終身保険)と医療関係の特約が一生涯残る保障に現在の保険料以内で見直す事を言います。@基本転換責任準備金「解約金」を終身部分に充当します。保険料の割引効果は少ないが既契約の解約金がそのまま引き継がれリスクが少ないタイプ。A比例転...

≫続きを読む

生命保険の仕組み

保険の仕組みが分からないのですが保険って簡単に言えばどういう仕組みなんですか?というような質問が、良くありますが、確かに生命保険の仕組みは非常にわかりづらく、専門家が見てもわからないというように、複雑怪奇なんですね。また、定款というものがありますが、顕微鏡でしかわからないような小さな文字で規約や、規...

≫続きを読む

生命保険(民間医療保険)の商品

生命保険(民間医療保険)の商品には、大きく分けて2つの種類があります。医療保障を付けた上で、満期日になると一定の満期金(満期期間と保険料により異なりますが、平均150万円位)を受け取る貯蓄型の医療保険。(途中で解約しても。解約返戻金が戻ることがあります。)保険料掛け捨てタイプで、自分が死亡した時に家...

≫続きを読む

医療保険と自由貯蓄とどちらが良いか?

そもそも医療保険というのは、「入っていれば医療費は安心」というものではありません。ほとんどの医療保険というのは、「入院・手術保険」です。したがって、通院と薬だけで長期療養することになった場合には、まったく役に立ちません。この場合、通院費・薬代と役に立たない医療保険を継続するための保険料を支払うことに...

≫続きを読む

貯蓄型の生命保険は銀行よりも利率が高い

貯蓄型の生命保険のばあい、どこの会社でも保険の種類によりますが、3〜5年くらいかけますと、かけた金額とおなじくらいの解約返戻金が発生します。ただ、銀行よりも絶対に効率が良いとは、最近は言えなくなってきているようですね。保険会社も、銀行も、預り金を運用して運用利益で経営が成り立ったいるわけですから、利...

≫続きを読む

主契約保険料と特約保険料

保険料は主契約保険料(積立保険部分)特約保険料(保障部分)にわかれます。主契約部分は通常一生涯保障の終身保険で必ず払われる保険です。解約をしても多くの場合この部分の返戻金が戻ることになります。特約部分は全て掛け捨て部分で15年ごとにその年齢で再計算され大幅に保険料がアップします。顧客の立場など全く関...

≫続きを読む

疾病保険の給付トラブル

疾病保険の給付トラブルは、最近特に多い問題です。基本的な問題出、一番多いのが告知義務違反というやつです。本人からすれば、この程度は病気ではないと思って、告知しなくて、病気になった場合とか、手術・入院をしたため保険還付金が請求できるかなと思い、病院の診断書を送ったのですが契約日より初診日が先であったこ...

≫続きを読む

生命保険は自殺でも支給されるか

生命保険って自殺でもおりるもの? 生命保険の自殺での保険金免責は2004年4月26日 第494号生命保険を契約してからの自殺はどう扱われるのでしようか。商法は次のように定めます。「被保険者が自殺…に因りて死亡したるときは保険会社は保険金額を支払う責に任ぜす。」つまり商法上では、自殺では期限なく保険会...

≫続きを読む

生命保険に加入する目的

独身成人女性の場合の生命保険に加入する目的をもう一度よく考えてみましょう。独身成人女性の場合のなら確かに大きな死亡保障はいらないかもしれません。ですがどのような形であれ、生きていれば事故や病気で亡くなる可能性がゼロではありません。もし簡単な葬儀費用相当の現金をお持ちなら死亡保険はほんとうに必要ないと...

≫続きを読む

生命保険加入の考え方について

生命保険は、商品により色々な組み合わせが出来ます。それぞれのライフワークに合った保障プランを作ることをお勧めします。どうゆう補償を希望かで変わりますので、考え方と予算で組み立てて行かなければなりません。「介護保険」とは、将来「介護状態」になった場合、所定の保険金が定期的に支払われ「介護費用」に当てる...

≫続きを読む

生命保険加入の考え方について

生命保険は、商品により色々な組み合わせが出来ます。それぞれのライフワークに合った保障プランを作ることをお勧めします。どうゆう補償を希望かで変わりますので、考え方と予算で組み立てて行かなければなりません。「介護保険」とは、将来「介護状態」になった場合、所定の保険金が定期的に支払われ「介護費用」に当てる...

≫続きを読む

生命保険の差し押さえは可能か?

生命保険の差し押さえは可能か?契約者 A被保険者 A受取人 X(債権者 Z)債務者 Aこの様なケースで、契約者Aが死亡した場合は、他の債権者 Zが、保険金受取人が保険金を受け取る前に、債権者が保険を差し押さえ、「解約」して、解約金を先取りする事は可能でしょうか?生命保険の差押とは、債権者が債務者の第...

≫続きを読む