生命保険無料相談 無料保険見直し

生命保険(民間医療保険)の商品には、大きく分けて2つの種類があります。

 

医療保障を付けた上で、満期日になると一定の満期金(満期期間と保険料により異なりますが、平均150万円位)を受け取る貯蓄型の医療保険。(途中で解約しても。解約返戻金が戻ることがあります。)

 

 

保険料掛け捨てタイプで、自分が死亡した時に家族のために死亡保険金(保険料にも異なりますが最低でも1,000万円以上)としてお金が貰えるタイプで、勿論、医療保障も付いています。

 

 

生命保険と強制保険(健康保険や国民保険)は病気で入院したりしますと、入院給付金が支給されます。

 

どこがどのように違うのでしょうか。

 

病気になって病院に入院し、病院に支払うお金の種類は、2種類あります。

 

1つは、診察や注射代などの治療費です。

 

この治療費は、自治体(公)に健康保険証の保険料として、質問者さんが毎月保険料を納めていると思いますが(親の扶養でおさめているかも)、患者は治療費として3割を病院に支払う事になります。

 

風邪などをひいて、窓口でお金を支払っていると思いますが、実はあの金額は、実際に治療費として掛かった3割分しか患者は払っておらず、あとの7割は、保険証を使って自治体が病院に支払っているのです。

 

もう1つは、入院した時に支払う入院費です。

 

この入院費は、病室のベッド代や病院食の食事代、パジャマ代などで治療にかかるお金ではないので、保険証は使えないので、自腹で全て患者が病院に支払う事になります。

 

厚生労働省の発表によると、1日入院すると平均7,000円(病院や病室によって違うから平均金額で!)掛かるとされており、つまり何かの病気で1カ月入院すると、約21万円というお金を病院に支払う事になります。

 

つまり、治療費以外にこの入院費が掛かってしまう訳で、そうするとここで登場するのが、民間の生命保険(医療保険)なのです。

 

民間の生命保険(医療保険)

 

日額5,000円とか日額10,000円とか、初めに契約した金額が、支払われることになります。

 

入院して、保険料を支払って加入している保険会社に連絡すると、審査後、入院日数に応じて、日額5,000円とか日額10,000円(勿論、納めている保険料によって給付金額は変わります)とか保険会社から貰え、そのお金を使って、入院費を病院に支払う訳です。

 

勿論、治療費は、自治体の保険証を使って患者の3割負担ですよ。

 

ただし、ベットの差額費用などは、自治体の保険証では支給されません。

 

民間の生命保険保険料

 

若い人は、当然病気になる確率が低いですから、保険料は年配の方と比べると、半額以下の保険料です。

 

しかし、年配の人は病気、しかも命に関わるような重たい病気になって入院までする確率が限りなく100%に近いので、納める保険料も高く設定されています。

 

そして、若い内にひとつの医療保険(生命保険)に加入して、それを死ぬまで続ければ、若い時に入った時の安い保険料で、自分が年配になっても保険料が変わらないので、当然保障内容も変わらないので、みんな若い時に入って、年配になった時の保険料を少しでも抑えるために、早めに入るのです。

 

しかし、一生病気にならない人も当然いますよね。
そのような人は、民間の生命保険に入っていても、かけた金額全部が無駄になってしまいます。

 

そこで、登場したのが貯蓄型の満期金が出る保険です。

 

メリットは、選ぶ保険にもよりますが、貯蓄型の場合は勝手にある程度お金が貯まる上、保障も同時に付いている。リスクマネージメントが、完ぺきになるというメリットがあります。

 

デメリット、掛け捨てになる保険料もあるので、自分が無事の場合、保険料を損するということになります。しかし同時に、保険料を損をするという事は、自分が幸せな人生を送っているという証拠でもあるのですから、喜んでもいいかもしれませんね。

 

生命保険無料相談はこちら ↓ ↓ ↓


 

 

関連ページ

生命保険の見直し
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
生命保険の仕組み
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
医療保険と自由貯蓄とどちらが良いか?
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
貯蓄型の生命保険は銀行よりも利率が高い
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
主契約保険料と特約保険料
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
疾病保険の給付トラブル
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
生命保険は自殺でも支給されるか
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
生命保険に加入する目的
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
生命保険加入の考え方について
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
生命保険加入の考え方について
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円
生命保険の差し押さえは可能か?
生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物と云われています。一生涯で払う保険料は大きいものです。日本人の生命保険加入率は実に90.5%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間41万6千円