インプラント

インプラントと入れ歯との違い

投稿日:

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。